So-net無料ブログ作成






ハワイイ紀行・サーフィン&結婚式!!(ホテル選び編) [サーフィン]



コンドミニアム大当たり!!


さて、ホノルル空港にてレンタカーを借りた我々は高速1号線?に乗り
ワイキキのコンドミニアム”ワイキキバニアン”へ向かった。
行き方は友人に任せたが、道路標識が充実しているので、念のため
地図を見ておけば始めてでもあまり迷うことはなさそうだ。

*ブログランキングに参加しています。
クリック↓すると旅行部門に票が入ります。ご協力お願いします!
http://kutsulog.net/cat04-1.php?id=46779



ワイキキの街に入ると道路はほとんど一方通行。
事故る心配は少ないが、コンドミニアムに入るのには大回りが必要だった。

日本で受け取ったコンドミニアムの予約書には

「コンドミニアムの受付には行かず、直接402号室に来て下さい」

とのこと。
行ってみて納得。
402号室は事務所になっていて日本人のオバチャンが二人働いていた。
そこから12階の部屋まで案内してくれた。
このオバチャンの一人が今回泊まる部屋のオーナーさまというわけだ。

途中オバチャン同士が

「頼んでおいたことをやってない!」
「やった!」

でケンカを始めてドキドキもしたが、お部屋に入り一気にテンションが上がった。
メチャクチャ眺めがよかったのだ。


↑この画像の右にダイヤモンドヘッド


↑「タンタラスの丘」↓方面
http://www.hawaii123.com/oahu/sightseeing/tantalus.html

海側の部屋にすると料金がになると聞いて妥協してこの部屋のしたが、
ドッコイ!最高!でした。
お部屋自体もリビングと寝室が分かれた”スイート仕様”


30代中盤男二人でちょっぴり照れてしまったのだった。

この時点でまだ午前中。
早速街に出てちょっぴり早い昼食のあとサーフィンだ!
まずは徒歩でワイキキチェ~ック!



ぜんぜん波な~し!
コシハラだらだら。

速攻メシを喰ってクルマでダイヤモンドヘッドに向かった。
ダイヤモンドヘッドはワイキキからクルマで10分足らずのポイントだった。

第一印象は

「むむっ!?ここはハワイのサンドラだね」
*サンドラ=千葉の御宿と部原の間にあるリーフポイント。



サンドラと同じように海沿いの道路を走っていくと崖の下にポイントがある。
風はサイド。かなり強い。

沖のほ~で5.6人入っているのが見えるが、とにかく遠い。
サイズはセットで胸くらいだろうか。

では、ハワイ初のサーフィンを始めるとしましょうか!

つづく

 




★カーナビもタイヤも安い! カー用品売れ筋ランキングはコチラ!★



スポンサードリンク



椎名前太ホームページ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
芸能人のダイエット方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。