So-net無料ブログ作成






ポータブルナビGP 735VD(ゴリラ)とYPF7300(イエラ)を徹底比較!  [カーナビ]



地図更新ができなきゃ話になりません!


小型のクルマを買うことになった。
買い物でスーパーや取材で住宅地に行くときに、
アルファードハイブリッドでは大きすぎるからだ。

最近は横幅180cmを超えるクルマが増えているが、
個人的には信じられない。
ららぽーとに行くたびに駐車場で憂鬱になる。

さて、どんなクルマを買ったかは後日にするとして、
先にカーナビを購入することにした。

だが、手に入れるクルマが特殊で、通常の2DINタイプのナビが装着できない。
なのでおのずと性能は劣るものの、手軽に装着できるポータブルタイプから選ぶことになった。

ネットで調べると、
ポータブルナビの売れ筋は、

パナソニックGorilla(ゴリラ)
ユピテルYERA(イエラ)
の2ブランドに限られているようだ。

ほかにも名前の知らないメーカーのものがたくさんあるが、
地図の読めない男・話を聞かない男
の私としては見知らぬ街でナビが当てにならない、または故障するのは死活問題。
この2ブランドから選ぶことにした。

この中からざっくり売れ筋機種(7インチ画面)の価格を調べると、
ゴリラは4万円前後、イエラは2万円前後だ。

なぜそんなに違う?
もし、ブランド代だけならイエラを買うに決まっている。

そこでイエラの中から購入候補を1つ選んだ。
これだ↓

ユピテルYERA(イエラ)YPF7300


価格は楽天で2万2000円前後。

なぜYPF7300かというと、
最新機種は地図が1年新しいだけで1万円程度高い。
下位機種はタッチパネルの感度が低いので、iphoneに慣れた私には耐えられそうにない。

この時点でカーナビに対する明確な条件を書き出してみた。

1.7インチ以上の画面(アルハイの8インチに慣れてしまったから)
2.VICS対応(かなりの確率で道に迷うから)
3.簡単な地図更新(毎週末行く外房エリアは2年ごとに大きな道路ができているから)
そして、できれば
4.Bluetoothの利用によるiphoneとの接続(下記参照)

「4」に関しては最近Bluetoothの防水スピーカーを購入して、
むちゃくちゃ気に入っているからだ。
1階に置いたiphoneに録音した音楽を2階の風呂の中で余裕で再生できる。
防水なのでキャンプにも最適↓。


この便利さを味わったら、わざわざCDを入れ換える手間には戻れない。

ところが、ユピテルのカタログを見ると、
Bluetoothの文字がどこにもない。

また、地図更新に関する記述も見つけられない。

もしやっ!?
[あせあせ(飛び散る汗)]

メーカーに電話してみた。

メーカー担当者
「当社のカーナビは
Bluetoothには対応しておりません。
えっ、地図更新ですか?
すべての機種で、できません」





[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]



地図更新ができない=使い捨て!?
そんなカーナビが、世の中にあったとは・・・・・・。

仕方がない。
あきらめてパナソニックの中からこいつ↓を候補とすることにした。

パナソニック Gorilla(ゴリラ)GP 735VD
*SP735VLは家電量販店向けで中身は同じ


 なぜこの機種にしたかというと、
上位機種は、ドライブカメラが付くだけで約5000円高い。
下記機種は5000円安いだけでVICSに対応していない。
さらに、



[exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question][exclamation&question]


この下位機種との違いを調べるために同ナビのサイトを眺めていて、
ある地点で3度見してしまった
[目]

GP735VDとその上位機種の合計2機種は、


3年間地図更新が無料なのだ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


1年間の更新は6回。
それが最長3年間無料。
通常1回の更新料が1万円前後だから、
毎回更新しなくても数万円分の価値がある。

だが、やはりBluetoothには対応していないようだ。

諦めるしかないのか、はたまたほかに条件を満たす製品があるのか。
それにどうせ買うなら実際に商品に触ってからにしたい。

大至急近所のオートバックスに向かった。




「ポータブルナビでBluetoothを利用してiphoneの音楽を再生できる機種はありますか?」

店員
「ポータブルナビではありません。できるのは2DINタイプなど高額なナビになります」

ここでBluetoothは条件から除外。

店内の品揃えを確認する。


「パナソニックとパイオニアが5万円以上で、
そのほかユピテルやガーミンなどのメーカーは3万円前後ですね。
なにが違うんですか?」

店員
「パナソニックとパイオニアだけ、
GPSのほかにジャイロセンサーが付いています。
だからGPSが届かないところでも現在位置を見失いません」

カーナビ=ジャイロセンサー付きと思いこんでいた。
この時点で候補はパナソニックとパイオニアとなる。
では、この2社の違いは?

店員
「見てもらえれば分かりますが、
パイオニアの画面は横に細長いんですよ。
だから同じインチ数でも他社より小さく見えます。
それなのに価格は高い。
正直売りにくいです・・・・・・」


「なるほど、なるほど」と話を聞きながら、
パナソニックGP735VDをいじる。

画面は鮮明だし、サクサク動く。
まったく問題なし。

一方で1時間前まで候補だったYPF7300は、
画面は粗いし、タッチパネルの反応も鈍い。
なんども同じボタンを押してしまった。

つまり、
1.7インチ画面
2.VICS対応
3.手軽な地図更新
そして、
4.ジャイロセンサー内蔵
さらに
5.サクサクの操作感
で、
6.4万円以下のカーナビ
は、世の中に1機種しかないことになる。
(2014年4月22日現在では、少し値上がりしている模様)

これで心晴れ晴れ。
購入は
パナソニックGorilla(ゴリラ)GP735VD
に決定!

ここまで説明してくれたので、
たとえネットより1割高額(4000円)てもこのお店で買おうと、値段を確認するが1万円高い。

正直にネットより1割高(4000円)なら買うと伝えたが、
値引きは1500円しかできないとのこと。
差額8500円はきつい。

丁寧にお礼を言ってから帰宅。
そして買いました、こいつ↓を。


IMG_2661.jpg


同時に電源をシガライターからではなく、
ダッシュボードの中から取るための電源ソケット↓と、




運転中でもテレビが見られるパーキング解除プラグも入手。



パーキング解除プラグの価格は送料込で510円。
驚きの安さだ。


肝心の納車はゴールデンウィークに間に合うか微妙なところ。
楽しみだ。

*ちなみにGP735VDはオプションのバックカメラを装着することができない。
どうしてもバックモニターとして使用したい場合は、
上位機種のGP737VD↓か、




旧機種のCN-GP720VD(CN-SP720VL)↓

を選ぶしかない。




★カーナビもタイヤも安い! カー用品売れ筋ランキングはコチラ!★



スポンサードリンク



椎名前太ホームページ 『あなたの心から納得する家』が簡単にわかる! http://www.zenta1.com/

タグ:カーナビ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
芸能人のダイエット方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。